Akira館長の Give me a break!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自由発言に対する法律

ちょっと難しい話(前回続き)
最近ちょっと某巨大掲示板を見て思ったことがある。 それは人権侵害、名誉毀損、営業妨害など等の悶々である。

某掲示板では自由な発言ができる影に人を平気で中傷する書き込みが出来るもろ刃の剣でもある。確かに双方向にてお互い書き込みできるつまり議論できるわけであるので、名誉毀損にはならないと考えられるかもしれない。
しかし、批判や非難の対象となった者が反論することは容易であるが、言葉汚く罵られる屈辱的な発言に対しては、反論する価値も認め難く、議論と言うより子供のけなし合いになってしまうだろう。反論が可能であるからといって罵倒することが言論として許容されることになるものでもないと思う。
このような侮辱的な攻撃による損害を、整然とした反論により名誉の回復することはきわめて困難なことといわなければならない。その為、急遽平成13年に法律が制定された。

『特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律』がそれである。
この法律は、メディアでも報道され、きっかけになったとも言える有名な事件『動物病院対2チャンネル事件』がある。

『動物病院対2チャンネル事件』
平成13年1月以後、某巨大掲示板の「ペット大好き掲示板」に「悪徳動物病院告発スレッド!!」が作られ、特定の動物病院や獣医の実名を挙げたうえで、「えげつない病院」「動物実験はやめてください」「過剰診療・誤診・詐欺・知ったかぶり」「被害者友の会」「腐敗臭」等々の書き込みがされた。たとえこれが真実であったとしても法に触れない限り賠償請求は成り立つ。(どこかで似たような書き込み見たことがありますが・・・)

当動物病院は、これらの書き込みの削除を求めたが受け入れられず、某掲示板では、かえってこの削除の依頼を揶揄・侮辱する発言が書き込まれたため、結局、掲示板設置者に対し、書き込みの削除と損害賠償を求めて訴訟を提起した事件である。(まだ最高裁までは行ってはいない)その当時書き込みした当事者に対し訴訟を提起したわけだが、某掲示板運営者側で書き込みした者を特定することが出来ず、某掲示板に対し告訴した訳である。

裁判所の判決は以下の通り
「本件掲示板は,匿名で利用することが可能であり,その匿名性のゆえに規範意識の鈍麻した者によって無責任に他人の権利を侵害する発言が書き込まれる危険性が少なからずあることも前記のとおりである。そして,本件掲示板では,そのような発言によって被害を受けた者がその発言者を特定してその責任を追及することは事実上不可能になっており本件掲示板に書き込まれた発言を削除し得るのは,本件掲示板を開設し,これを管理運営する控訴人のみである。このような諸事情を勘案すると,匿名性という本件掲示板の特性を標榜して匿名による発言を誘引している控訴人には,利用者に注意を喚起するなどして本件掲示板に他人の権利を侵害する発言が書き込まれないようにするとともに,そのような発言が書き込まれたときには,被害者の被害が拡大しないようにするため直ちにこれを削除する義務があるものというべきである。」

つまり、そのような被害者が出ないように発言を管理しなさい。また他人の権利を侵害する発言は削除の依頼があればすぐ削除しなさい。という判決だった。 しかしながら発言の管理となると検閲でもしない限り到底無理な話である。

その為その後に、国会で急遽『特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律』が制定されたわけである。つまり運営者と発言者の責任をどこまで問うか議論され法が制定された。
この法令には、運営者側には人権を侵害する書き込みに対する削除依頼には7日以内に削除しなければならない旨と、人権を侵害されたとされる者からの発言者の情報の開示に応じなければならない。またそれに伴い運営者は発言者のIPアドレス等の個人情報も管理しなければならなくなった。

つまり、誰にでも匿名とはいえ野卑な屈辱的な発言に対し運営者に発言の削除並びに発言者の情報開示を請求することが出来るようになったのである。また発言者の利用しているプロバイダーも同様に必要に応じ個人情報の開示をする事を義務付けられた。 従って、その当時出来なかった発言者の特定が出来るようになった訳である。当然、それに伴い発言者個人への損害賠償請求できるともいえる。
それを知らずに書き込んでいる諸兄を見るとちょっと怖さが漂う。そう思うのは私だけだろうか。

続きの部分に『特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律』の条文を掲示しておきますので、興味のある方はご覧下さい。 [自由発言に対する法律]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2005/11/07(月) 21:07:54|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

急増するネット犯罪

こんな記事どこかで読んだことあるでしょ。

ネット犯罪でもいろいろあるけれでも、まず簡単に誰でも出来る事と言えばなりすましでしょうか、僕自身被害を被ったわけじゃないですが、カード決済のサイトの運営とかすると盲点がかなりわかるんです。非常にこわいですね。

最近ちょっと気になったネット犯罪では某掲示板に殺人予告とか爆破予告ですね。皆捕まっていますが、私が常々思っていることは、早くプロバイダはIPv4からv6への移行を進め全ての個人ユースのPCを固定IPにすべきですね。そうすればその犯罪もかなり減ると思います。

ちょっと話が難しくなりますが、つまりインターネットに繋がっているPCはすべて世界にひとつしかない番号のグローバルIPアドレスというものをプロバイダーから借りてつないでいる訳なんですが、そのIPアドレスが現在IPv4(***.***.***.***)の世界なんです。

このIPv4のIPアドレスには数に限りがあってプロバイダーも契約者一人一人に固定のIPを渡すことが出来ず、インターネットにつないだ時に入れ替わり立ち代りで初めて渡すという苦肉の策を取っているわけです。

しかしIPv6に変われば天文学的な数のIPが出来ますので全てのPCに固定でIPアドレスを振り分ける事が出来るようになります。

まぁ現況移行はまだ先の話しですが、この現在のIPアドレスが変わってしまうこれが犯罪を手伝っているわけですね。その度その度IPアドレスが変わるため、犯罪の行われたPCを探し当てるのにかなりの労力が伴ってきます。

例えば上にも書きましたが某大掲示板にいたずら等で殺人予告とか或いは人権を無視した名誉毀損や営業妨害等にあたる書き込みですが、これもIPアドレスがわかってもその利用していた時間帯と利用プロバイダーぐらいしか分かりません。その為警察等は犯罪や訴訟があれば裁判所を通じプロバイダーが契約者の個人情報公開するわけです。

 現在は調べればどのPCから書き込まれたかすぐに分かる仕組みにしてありますが・・これはちょっとお話しするとまずいので割愛します。
名前出さなきゃ分からないと思ってたかをくくって某掲示板などへ中傷記事を書き込んでいると名誉毀損や営業妨害等でいつの日かどえらい金額で訴えられますよ、極力控えた方がよろしいでしょう。

 個人単位で相手のIPアドレスが分かっても利用プロバイダーで地域は分かりますがよほどのハッカーでも無い限り探り当てることは難しいでしょうし、モデムの電源を入り切りすればIPアドレスが変わってしまうのでそのIPアドレスに向けて攻撃(いたずら)しても意味ありませんが。

 ただ現在大手プロバイダーではIPv6に切り替えて移行しつつあります。このようにインターネットに繋がっているPCすべてに固定の番号(IPアドレス)が振られれば個人単位でも誰かがわかってしまうので自分のパソコンからはいたずらがしにくくなる訳です。ただし犯罪者はそこを踏まえていろいろやってきますが、個人でのいたずらに近い犯罪は少なくなるでしょう。 ネット犯罪撲滅祈願。

ちょっと難しいお話でごめんなさい。 [急増するネット犯罪]の続きを読む
  1. 2005/11/02(水) 19:45:20|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あれ?

あれ?ッて思われた方 ごめんなさい。
いろいろ今やっている事などなど含めてそちらの方が忙しくなってきたのもありますが、過去を振り返えるにはまだまだ早いと考えまして今日からは明日へのブログに変更しようかとそう考えて内容を変更。 今まで更新を楽しみにしていただいた方には大変申し訳ございませんが、そんな訳でグダグダになるかもしれませんがこれからもヨロシクお願い致します。
  1. 2005/11/02(水) 18:15:43|
  2. 小話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Akira館長

Writer:Akira館長
みなさんお元気ですか!


<ホーム>

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。